梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

【がっちりマンデー】思い出の写真をパズルにするの良いですね!高品質 写真入りギフト専門店シャフト

がっちりマンデー 品質が良い写真をオリジナルジグソーパズルを作る会社 シャフト玩具
スポンサーリンク

がっちりマンデーみてたら写真をパズルしてがっちり!という会社が紹介されてました。

会社はシャフト 株式会社(清水健太郎 社長)
お客さんの写真でオリジナルジグソーパズルを作る会社です。

ネットでパズルにしたい写真を送ればパズルにして届けてくれる!

記念日や誕生日のプレゼントなどインテリアとしても大人気だとか!

実は清水社長は前の畑は学校の先生。
高校・大学で情報の授業を担当してました。

なぜパズル会社を立ち上げた?
子供が2歳のときに子供の写真を使って、ジグソーパズルを作って大きくなったら自分の写真でパズルをやらせてあげたいと思ったのがきっかけ。

しかし当時オリジナルジグソーパズルを製作している会社は届くまでに時間がかかる、紙がペラペラで品質もあまりよくなかった。

そこで、だったら自分で作ればいい!
と考え学校の先生を辞めて10年前にパズル会社を設立しました。

現在は月に1000件もの発注を受け、自社で作っています。

会社を立ち上げるにあたってパズルの作り方にはがっちり戦略がありました。

こだわったのはちょっと意外な所。
社長がこだわったのは、ピースの厚さ。

薄すぎると、はめた時のフィット感がない。
厚すぎると、はめるのが大変。

ジグソーパズルは厚みが重要だったのです。

しかしどのくらいの厚みなら子供たちが気持ちよく遊べるのか?
調べるためにジグソーパズルを小学校に持っていって教材として1ヵ月間使ってもらった。

先生時代のツテを頼り小学校で調査しちゃいました。
たくさんの厚さの違うパズルを作り社会科の教材として試してもらったところ、出た答えは厚み2ミリ。

2mmより薄いと、ペラペラで安っぽくフィット感なし。
2mmより厚いと、フレームも厚くなり重くなることがわかりました。

さらに、はめる時のパチっと感を増すためにカットする機械も1年かけて開発しました。

大量生産の場合は縦も横も一度にガシャーンとカットするそうですが、シャフトさんでは、適度にパチっとさせるための切れ目を入れるのに数回に分けてカットする方法を編み出しました。

そしてこだわりのジグソーパズルを注文から最短翌日発送、遅くても3営業日でお届け!

品質の良さも評判となり年商1億円のパズル会社になりました。

スポンサーリンク

シャフトさんでオリジナルジグソーパズルを注文するには?

下記の画像または文字をクリック(タップ)してシャフトさん楽天市場公式店へ移動します。


写真オーダーメイド オリジナルパズル

↑をクリックするとシャフトさんの会社に移動できます。

1.ショップで、サイズ別パズルやパズルとフレームのセットなどがありますので、お好きな商品をい選び購入します。
2.お申し込み確認後、すぐに画像送信方法をまとめたメールが届きますので、案内にそって写真をメールで送ります。
3.あとはシャフトさんが画像調整をしてパズルにして発送します。

流れはこんな感じ!
とても簡単ですよね!

※購入方法や写真のメール送信方法などが変更になっている場合もあるので、詳しくはショップでも書いてあるのでご確認ください。

これで世界に1つだけのあなただけのオリジナルパズルができますよ!

玩具
スポンサーリンク
おすすめ記事
生活通信をフォローする
スポンサーリンク
生活通信

コメント