梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

【ZIP!】スペシャリストが厳選した防災グッズ(土のう・折りたたみヘルメット・泥水を飲み水に小型浄水器・ハザードマップ風呂敷・水でつくライト)

ZIPで紹介スペシャリストが厳選した防災グッズニュース
スポンサーリンク

日本テレビ「ZIP!」で、災害時に役立つ最新の防災グッズをプレゼン。
ホームセンター、防災ショップ、防災用品メーカー、アウトドア専門店、キャンプ、気象予報士の各スペシャリストが集結して厳選した防災グッズをご紹介します。驚きの機能を持つ防災グッズが続々と登場です。
さらにキャンプ大好き工藤阿須加さん絶賛のアイテムも登場です。

スポンサーリンク

水でふくらむ土のう袋

水で膨らむ土嚢袋 1枚入り 価格547円

袋の中に水を注ぐのではなく、水に3分間浸すだけでOKです。
およそ400グラムしかない袋がたった3分で18キログラムまで増加します。

袋の中に入っているのは、紙おむつなどにも使われる高分子吸水ポリマーで、自重の数百倍もの水を吸収できます。

折りたたみができるヘルメット タタメット

東京都市ヶ谷にあるセイショップは防災グッズを取り扱う専門店です。

非常用の電池 エイターナス 価格98,780円
25年保存がきく非常食 サバイバルフーズ 価格2,592円~

などがありますが、今回のおすすめは事務所やオフィス、一人暮らしのアパート、キャンプやアウトドアにも小さく収納できる折りたたみができるヘルメットです。

タタメットBCP(ホイッスル付)価格4,730円

畳むと約3センチの薄さになるため収納場所が少ないところでコンパクトに保管できいざとなったらすぐに開いてかぶれるヘルメットです。机の引き出しにも入るファイルと同じくらいの大きさです。アゴ紐にはホイッスル(笛)が付いているので助けを呼べます。

ペットボトル装着可の土の混ざった水を飲み水に変える小型の浄水器

土の混ざった水も飲み水に変えることができる持ち運びに便利な小型の浄水器です。

mizu-Q PLUS 価格4,620円

たとえ土の混ざった水でもペットボトルの先端に取り付けて押し出すだけで飲み水に早変わりする浄水器です。

飲み水は大切です。
災害時や遭難時などに持っていると必ず役に立つ防災グッズです。

浄水器の仕組み
0.1ミクロンの特殊フィルターが有害細菌を取り除きます。

湖や川の水などあらゆる水を瞬時に飲み水に変えることができます。

発電するキャンプストーブ

モンベルのメーカーさんがオススメするのが、キャンプストーブです。

バイオライト キャンプストーブ2 価格18,590円

これただのキャンプストーブではないんです。

小枝を燃やして簡単に焚き火を楽しめるアウトドア用ストーブなのですが、炎の熱から電気を作りスマートフォンの充電もできる停電時にも役立つ優れものです。

たき火で発生した熱を電気に変換します。
暖を取りながら、BBQ(調理)をしながらスマホの充電もできてしまう一石二鳥の便利グッズです。

持ち運べるソーラパネル

持ち運びができるソーラーパネルです。
災害時は充電の確保が大変です。
そこでオススメなのがこちら。

Rockpals ソーラーパネル 60W 価格15,999円

折りたたみのソーラーパネルにはUSBの差し込み口が3個あります。
またプラグ端子も10個ありますので様々な電子機器に対応可能です。

車に付けるカーチャージャー

セーフディカーチャージャー 価格4,378円

このカーチャージャーには、ライトも付きで車でスマホなどの充電もでき、災害時にシートベルトを切ることができるカッター、SOSの音を出せる、先端で窓ガラスを割ることもできます。

  1. ガラス割り
  2. SOSアラーム
  3. 携帯の充電
  4. シガーソケットUSB変換
  5. LEDライト
  6. SOSライト
  7. シートベルトカッター

の機能付きです。

車に閉じ込められた時にハンマー代わりにもなりガラスを割って脱出できます。
シートベルトが外れない時はシートベルトカッターにもなります。

車にあると頼りになりますし安心ですね。

布でできたハザードマップ風呂敷

ハザードマップは紙でできていてどこかに片付けてどこにいったかわからなくなることも多いですよね。しかし布でできた風呂敷ならカバンの中にも入れやすいですね。

防災観光ふろしき 価格2,800円

地震が起きた時に役立つ避難場所だったり川が氾濫した際の浸水予想などが書かれています。

また防水加工なので、水をいれて運ぶことも可能です。
バケツリレーにも使えます。

水につけると自然と電気がつくライト

水につけると点くライトなんです。

灯 mawali (マグネシウムライト)価格1,650円

自然放電する乾電池に比べ長期保存ができるとっても便利な懐中電灯です。
停電時に役に立ちます。

たとえば水でなくてもオレンジジュースや泥水でもライトが光ります。

マグネシウムライト
マグネシウムが液体と反応して光る。

懐中電灯を用意する時に乾電池どこいったサイズが合うかな?ということがないのでとても便利ですね。

リュックなどのカバンににつけておけば充電されるモバイルバッテリー

日中(屋外)にリュックなどにつけておけば充電されるのでいざとなったときにも使えるモバイルバッテリーです。

SKY-1 モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 価格9,998円

カバンにつけておけば勝手に太陽を浴びて充電できるモバイルバッテリーです。

なんとこちらのモバイルバッテリー(フル充電状態)スマホだと約8回分も充電が可能ということです。

まとめ

ZIPで放送された各スペシャリストが選んだ防災グッズをご紹介しました。

とても考えられたものばかりですね。

個人的には泥水を飲み水にできる小型浄水器とスマホが充電がソーラーパネル、車脱出用に使えるカーチャージャーが欲しいですね。

コメント