梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

奄美大島のアンテナショップが東京・吉祥寺に9月1日オープン!

奄美大島のアンテナショップが東京・吉祥寺に9月1日オープン!グルメ

あまみ商工会は、甘み大島本島内の黒糖焼酎、特産品、食材を使用した❝角打ちスタイル(一部)の立ち飲み❞アンテナショップ『奄美(amami)を、東京都武蔵野市吉祥寺駅前の「ハモニカ横丁」内に2018年9月1日(土)オープンします。

甘み大島といえば、透き通る海、広大なマングローブ原生林のある奄美大島の自然を感じられる店内は、隈研吾建築都市設計事務所が設計しました。

スポンサーリンク

奄美(amami)について

奄美(amami)は、全国初(※あまみ商工会として)となる奄美大島・喜界島のアンテナショップです。
昼間は、店舗内及び提携近隣店舗にて、奄美大島の特産品・物産品の販売を行い、夜は、奄美群島でしか造れない黒糖焼酎」の全蔵元(※奄美大島・喜界島内蔵元より)から、厳選した「黒糖焼酎」がいただけます。

また、地域の人々のの交流ができるよう、奄美の伝統芸能や民謡シマ唄の唄者(ウタシャ)によるライブや、奄美の食と、黒糖焼酎を楽しむイベントなども定期開催予定です。

オープニングイベント

奄美大島の黒糖焼酎、特産品の先着プレゼント

実施日時2018年9月1日(土)
特産品、物産品販売をする
「クレイジーワイン(2F)(*)」12:00~(なくなり次第終了)
「奄美(amami)」(立ち飲み)は18:00~(なくなり次第終了)
対象店舗にご来店いただいたお客様 先着各200名様
「奄美(amami)」は、お会計2,000円以上の方
プレゼント「クレイジーワイン2F」物販店舗→黒糖お菓子
「奄美(amami)」(立ち飲み)→奄美大島の黒糖焼酎(ミニボトル)+特産品セット

(*)「クレイジーワイン(2F)」は、奄美大島特産品・物産品の提携販売協力店舗となります。
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-10
電話:0422-27-5273

奄美(amami)ショップ概要

店舗名あまみ商工会アンテナショップ「奄美(amami)」
所在地〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9 2F ハモニカ横丁内
定休日不定休
営業時間立ち飲み 18:00~23:00(ラストオーダー22:30)
物販   クレイジーワイン(2F)(12:00~22:00)
モスクワ、ミュンヘン店頭(12:00~15:00)
店舗形態奄美大島の特産品販売、「黒糖焼酎」などの試食提供
価格帯物販130円~3,500円(税込)、飲食500円~1,300円(税込)
店舗URLhttps://amamias.jp/

店舗取扱商品について

提供メニュー例
黒糖酢豚、鶏飯、黒糖丸鶏、黒糖ヤキトリ、黒糖スイーツ、島らっきょう、豚角煮、豚骨

物販品例
菓子(黒糖菓子、がじゃ豆、ふち餅など)、黒糖、海産物(もずく、ソデイカ、夜光貝など)、酒類(「黒糖焼酎」、リキュールなど」、調味料(味噌、塩、ドレッシングなど)、雑貨、他

奄美大島ってどんなところ?

鹿児島県本土の南西約380~450kmに位置する、奄美群島で一番大きな島です。
北部は山が少なくなだらかな地形で、海岸線には美しい白砂のビーチが続くとてもキレイな所です。

中南部は山岳が多く、原生的な亜熱帯性多雨林にアマミノクロウサギなど生物も暮らします。

まとめ

カルチャータウン吉祥寺の前に位置する名物エリア「ハモニカ横丁」に、都内初の奄美大島のアンテナショップ「奄美(amami)」が2018年9月1日(土)にオープンします。

オープンイベントとして、先着で黒糖お菓子や黒糖焼酎、特産品セットなどがプレゼント。なくなり次第終了です。
各200名様らしいのですぐなくなってしまいますね。

最後までご覧いただきありがとうござました。

グルメ
スポンサーリンク
生活通信をフォローする
生活通信

コメント